第35回清里フィールドバレエ開催決定!2024/7/26〜8/7

〈メディア情報〉八ヶ岳の総合広域情報誌「 八ヶ岳ウォーク 2024-2025」で清里フィールドバレエを巻頭特集

八ヶ岳・南アルプスエリアの総合広域情報誌「 八ヶ岳ウォーク 2024-2025」で、清里フィールドバレエを巻頭特集していただきました。

タイトルは「自然との共演が魅せる、夏の夜の夢。」

昨年の公演で主演を務めた、シャンブルウエスト出身で現在英国ロイヤルバレエ団ソストの佐々木万璃子さん、そして今年も主演を務めるシャンブルウエスト川口まりさんのインタビューを掲載していただきました。

清里高原の大自然で繰り広げられる、全幕ものとしては海外でもまれな長期野外バレエ公演。

清里フィールドバレエならではの魅力を、2人のダンサーが語ってくれました。

「自分の成長とともに清里フィールドバレエがあります。お月様や星も見える。空気もきれい。私は自然がすぐそばにあって、肌に自然を感じ、自然を吸いながら踊る、フィールドバレエが大好き。誰でも1回踊ると虜になってしまうと思います。」(佐々木さん @marikosasaki448 )

「屋外でバレエを踊るということは、屋内の劇場では到底、味わえない感覚があります。空がどこまでも果てしなく広がり、周囲には遮るものがない。私たちが立つ舞台からは、360度清里の森や庭の景色が広がっています。」(川口さん)

豊富な舞台経験のあるお二人が表現する、清里フィールドバレエならではの魅力。

事務局としても、読んでいて本当に有難く、幸せな言葉をたくさん寄せてくださいました。

ひとりひとりのダンサー、そして、観客の皆さま、わたしたち運営側にとっても、大切な大切な「夏の夜の夢」。

今年もそんな光景に出会えますように。

「八ヶ岳ウォーク」は萌木の村各店舗や、八ヶ岳周辺の各観光案内所・観光施設などで無料配布しています。

八ヶ岳情報がぎゅぎゅっと詰まった読み応えのある全66ページのフリーペーパーです。ぜひお手に取ってお読みくださいませ。

・・・~ Special Thanks !~・・・

「八ヶ岳ウォーク」編集の皆さま

文・小林由希さま
写真・小林雅之さま